ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックは、

カードの合計数を21にする・もしくは21に近づけて相手に勝つ

という、とてもシンプルなゲームです。

 

対戦図式は、ディーラーVSプレイヤー(1人~7人程度)となります。

 

52枚あるカードの中で、J,Q,Kの絵札は、

10とカウントし(10は数字通り10です)

Aは、1か11とカウントします。

 

 

そして、最初の時点でAとJ,Q,K,10の

いずれかが来ればブラックジャックです。

 

ブラックジャックのイメージ↓

 

非常にシンプルなルールなのですが、

そこには、駆け引き統計が活きてきます。

 

ちなみに、21を超えるとバストと呼ばれ、

その時点で、無条件で負けてしまいます。

 

プレイヤーは2枚のカードが配られた後に、

手札に応じた行動をとります。

 

どういうパターンがあるかを詳しく知りたい方は、

ブラックジャックの用語一覧を参照してください。

ブラックジャックの用語一覧の記事はコチラ

 

 

どの選択肢を選ぶかは、自分の手札と

ディーラーのカードとを睨めっこしてからなんですが、

基本ルールとして、こうした決まりがあるのを知っておけば、

行動の目安になりますね。

 

そのルールとは、ディーラーは2枚のカードの合計が17以下の場合、

必ずカードを引かなくてはいけないため、

自分の手が17以下の場合は、

負ける可能性が高いということです。

 

とは言うものの、52枚あるカードの中で、

5以下のカードは「A,2,3,4,5」のみなので

(ディーラーの手札は16と仮定しています)

ディーラーがバスト(21越え)する可能性も高い!!

と言えます。

 

ヒットか、スタンドか、ダブルか、、どうすべきか??

 

いくら賭けているのかで、行動は変わるかもしれませんが、

こうした駆け引きがブラックジャックの醍醐味です♪

 

実際にプレイしてみないとこの感覚は分からないと思いますので、

どんどん練習を積んで、強くなりましょう!!

 

Pages: Prev 1 2 3