ブラックジャックにおける各数字の確率

ブラックジャックは、21に近づけていくゲームですが、

 
統計的に、プレイヤーの手札やディーラーの手札

の勝率を求めることが出来ます。
 

以下は、6デッキでプレイした場合のディーラーの

合計数の確率を表しています。

 
以下は、プレイヤーの手札の確率を表しています。

 
<プレイヤーの合計数の確率>

21(BJ) 20 19 18 17 16~12 10~2
4.75% 10.59% 5.94% 6.51% 7.12% 43.18% 21.91%

 

ちなみに、15や16になる可能性は、16%もありますので、

6回に1回は15か16になり、

ヒットすればバストする可能性が高いため、

場のカードをカウントして数字を覚えておくと良いでしょう。

 

まずは予備知識として、この合計数になる可能性が高い

ということを覚えておきましょう。

 

<ディーラーの合計数の確率>

BJ 21 20 19 18 17 バスト
4.75% 7.29% 17.95% 13.37% 13.93% 14.52% 28.19%

 

ディーラーは、約4回に1度はバストする計算になります。

 

場のカードの合計をカウントして、

ゲームを優位に運びましょう。

 

これらを加味した後のプレイヤーの役の勝率を求めると、
 

<プレイヤーの合計数の勝率>

BJ 21 20 19 18 17 16~ バスト
Win 95.25% 87.96% 70.01% 56.64% 42.17% 28.19% 28.19% 0
Lose 0 4.75% 12.04% 29.99% 43.36% 57.29% 71.81% 100%
Even 4.75% 7.29% 17.95% 13.37% 13.93% 14.52% 0 0

 

面白いのは、16以下と17では勝率は変わらないと言う点です。

 

ただし、自分がバストしてしまう可能性が高いため、

スタンドでディーラーの負けを誘った方が無難でしょう。

 

BJは、引き分けはあるものの、やはり最強の手札だといえますね。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブラックジャックにおける各数字の確率
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Choix it!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Share on FriendFeed
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Digg
[`grow` not found]

コメントを残す