知って得するブラックジャックの知識【2とAは非なるもの】

こういう言葉を聞いたことはありませんか?

「2はディーラーにとってAだ」

SONY DSC

 

このセリフは、2のアップカードを持っているディーラーが、

ヒットしようか悩んでいるプレイヤーに対して、

「2は、ディーラーにとってAと同じだからね」

のようによく言われます。

 

これは、ディーラーが2をAのようにとらえて、

パットハンドを作れてしまうことを示唆しています。

 

一種の威嚇行為のようなもので、

プレイヤーに対してスタンドさせて、

低い数字でとどめておくのが狙いです。

 

でも、これはまったく根拠のない嘘なんです。

 

たしかに、2はディーラーにとって、

そこそこ強いカードではあります。

 

ですが、Aは2に対してはもとより、

他のどんなカードに対しても強力なカードなのです。

 

これは、バストする確率を考えれば明らかですが、

ディーラーのアップカードが2の場合、

バストする確率は、35%です。

 

一方で、ディーラーのアップカードがAの場合、

バストする確率は、わずか12%しかないのです。

 

ディーラーがブラックジャックである場合を除いたとしても、

バストする確率は17%に留まり、

2の約半分の確率でしか、バストしない計算になります。

 

 

そのため、2とAは非なるものだと言うことを覚えておきましょう!

 

ちなみに、以前にも紹介しましたが、

ディーラーは、アップカードが5・6の時に最もバストしやすく、

2の35%も比較的バストしやすい数字と言えますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 知って得するブラックジャックの知識【2とAは非なるもの】
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Choix it!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Share on FriendFeed
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Digg
[`grow` not found]

コメントを残す