ブラックジャックの基本ルール

ブラックジャックは、

カードの合計数を21にする・もしくは21に近づけて相手に勝つ

という、とてもシンプルなゲームです。

 

対戦図式は、ディーラーVSプレイヤー(1人~7人程度)となります。

 

52枚あるカードの中で、J,Q,Kの絵札は、

10とカウントし(10は数字通り10です)

Aは、1か11とカウントします。

 

 

そして、最初の時点でAとJ,Q,K,10の

いずれかが来ればブラックジャックです。

 

ブラックジャックのイメージ↓

 

非常にシンプルなルールなのですが、

そこには、駆け引き統計が活きてきます。

 

ちなみに、21を超えるとバストと呼ばれ、

その時点で、無条件で負けてしまいます。

 

プレイヤーは2枚のカードが配られた後に、

手札に応じた行動をとります。

 

どういうパターンがあるかを詳しく知りたい方は、

ブラックジャックの用語一覧を参照してください。

ブラックジャックの用語一覧の記事はコチラ

 

 

どの選択肢を選ぶかは、自分の手札と

ディーラーのカードとを睨めっこしてからなんですが、

基本ルールとして、こうした決まりがあるのを知っておけば、

行動の目安になりますね。

 

そのルールとは、ディーラーは2枚のカードの合計が17以下の場合、

必ずカードを引かなくてはいけないため、

自分の手が17以下の場合は、

負ける可能性が高いということです。

 

とは言うものの、52枚あるカードの中で、

5以下のカードは「A,2,3,4,5」のみなので

(ディーラーの手札は16と仮定しています)

ディーラーがバスト(21越え)する可能性も高い!!

と言えます。

 

ヒットか、スタンドか、ダブルか、、どうすべきか??

 

いくら賭けているのかで、行動は変わるかもしれませんが、

こうした駆け引きがブラックジャックの醍醐味です♪

 

実際にプレイしてみないとこの感覚は分からないと思いますので、

どんどん練習を積んで、強くなりましょう!!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ブラックジャックの基本ルール
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Choix it!
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on BuzzURL
Share on FriendFeed
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Digg
[`grow` not found]

管理人よりコメント

  1. Pingback: ブラックジャックで稼ぐために必要な戦略とテクニック » Blog Archive » アメーバピグカジノでプレイするなら何が良い?

  2. Pingback: 手堅く稼ぐなら戦略で勝てるブラックジャック » Blog Archive » ブラックジャックのゲーム【ブラックジャックサレンダー】

コメントを残す