ブラックジャックの魅力

ブラックジャックは、ペイアウト率が高く、

人気のあるゲームですが、 細かいオプションルールが多彩で、

それらに適した戦略をとらないと

その長所を十分に生かすことができません。

 

ブラックジャックには様々な魅力がありますが、

その中でも最大の魅力と言えば、

やはり、他のカジノゲームと比較して

ペイアウト率が高いことです!!

 

日本の主要ギャンブルとの還元率(ペイアウト率)の比較

 

そして、こちらがブラックジャックだけの還元率です

ブラックジャックの特徴を簡単にまとめると、

 

・ペイアウトが高い(ハウスエッジが低い)

・勝ち負けの目標が設定しやすい

・他のゲームと比べてペイアウトが収束しやすい

 

という点が大きな特徴で上げられます。

 

ただし、これらはあくまでベーシックストラテジーを理解し、

着実に実践しているという前提条件があって、 初めて言えることです。

 

実際のカジノでは、お金を賭けてプレイしているので、

平常時と同じようにプレイできる人というのは、少数です。

 

ましてや、カジノ慣れしていない日本人にとっては、

冷静にプレイすることは、至難の業だと言えます。

 

また、何度かプレイしていると分かることですが、

例えベーシックストラテジーを用いても

10連敗してしまうことも有り得ます。

 

私も$80から9連敗して、爆死したことがありました。

 

その時は、イカサマを疑ってしまいました(笑)

 

ただ、私がプレイしていたのは、ワイルドジャングルカジノ

という オンラインカジノでしたので、イカサマはあり得ないため、

そういう時も必ずあるということです。

 

そうしたイレギュラーなことが発生しても動じないように、

普段から練習して慣れる必要があります。

 

ブラックジャックで確実に稼いでいくために、

心がけることは、

 

1:冷静なゲーム運びをする

 

例えば、時間で区切る、負けた金額で区切る、

ゲーム回数で区切るなど、

自分の中でルールを決めておきましょう。

 

2:基本戦略に則ってプレイする

 

ルール通りにプレイして負ける時もありますが、

長い目で見たときに、最適なプレイが出来るのが、

ベーシックストラテジーです。

 

まずは、この2点を重点的にマスターしましょう。

 

それがクリアできれば、次は資金管理面などにも役立つ

戦略を組み合わせてプレイしましょう!!

 

ブラックジャックの戦略が気になる方はこちらの

ブラックジャックの戦略【マーチンゲール法】」の記事をご覧ください。

 

ブラックジャックにおける各数字の確率

ブラックジャックは、21に近づけていくゲームですが、

 
統計的に、プレイヤーの手札やディーラーの手札

の勝率を求めることが出来ます。
 

以下は、6デッキでプレイした場合のディーラーの

合計数の確率を表しています。

 
以下は、プレイヤーの手札の確率を表しています。

 
<プレイヤーの合計数の確率>

21(BJ) 20 19 18 17 16~12 10~2
4.75% 10.59% 5.94% 6.51% 7.12% 43.18% 21.91%

 

ちなみに、15や16になる可能性は、16%もありますので、

6回に1回は15か16になり、

ヒットすればバストする可能性が高いため、

場のカードをカウントして数字を覚えておくと良いでしょう。

 

まずは予備知識として、この合計数になる可能性が高い

ということを覚えておきましょう。

 

<ディーラーの合計数の確率>

BJ 21 20 19 18 17 バスト
4.75% 7.29% 17.95% 13.37% 13.93% 14.52% 28.19%

 

ディーラーは、約4回に1度はバストする計算になります。

 

場のカードの合計をカウントして、

ゲームを優位に運びましょう。

 

これらを加味した後のプレイヤーの役の勝率を求めると、
 

<プレイヤーの合計数の勝率>

BJ 21 20 19 18 17 16~ バスト
Win 95.25% 87.96% 70.01% 56.64% 42.17% 28.19% 28.19% 0
Lose 0 4.75% 12.04% 29.99% 43.36% 57.29% 71.81% 100%
Even 4.75% 7.29% 17.95% 13.37% 13.93% 14.52% 0 0

 

面白いのは、16以下と17では勝率は変わらないと言う点です。

 

ただし、自分がバストしてしまう可能性が高いため、

スタンドでディーラーの負けを誘った方が無難でしょう。

 

BJは、引き分けはあるものの、やはり最強の手札だといえますね。

 

 

アメーバピグカジノで一気に稼ぐには?

1か月で1000万カジノドルを稼ぐためには、

単純に考えても1日約33万カジノドル 以上稼ぐ必要があります。

 

4種類あるカジノゲームの中で、

最も勝率が高いのがブラックジャックなのですが、

一度に大きく稼ぎたい人は、通常のブラックジャックではなく、

大会を狙って集中的に稼ぐのが最も手っ取り早いと思います。

 

大会開催開催時は、〇倍にもなるし、

アイテムもゲット出来るので、

大会は稼ぐチャンスなのです!

 

目安として、一日2~3時間ほどプレイしていれば
(平日は厳しいですけど)

一週間でも相当カジノドルを稼ぐことが出来ます。

 

場合によっては、何千万カジノドルも可能です。

 

噂では、総合で1位になった人は、

4~5000万カジノドルくらい稼いでいるらしいので、

1000万ドルを超えるのも十分可能と言えます。

 

ブラックカードにならなければ買えない、

エスカルガやホワイトタイガーにも手が届くので、

大会は絶好のチャンスなんです♪

 

大会自体は、ひと月に何回開催されるかは、

決まっていないみたいなので(3回開催される月もありました)

都度ピグカジノでチェックするのが良いと思います。

 

また大会に参加する目的は稼ぐだけではなく、

ストーン等のアイテムをゲットするチャンスでもあるので、

アイテムを入手するためだけに、

大会に参加するのも良いと思いますよ。

 

 

アメーバピグカジノでプレイするなら何が良い?

アメーバピグカジノでは、

スロット・ミニバカラ・ルーレットとブラックジャック

この4つがありますが、

確率で考えるなら、ブラックジャックが一番稼ぎやすいと思います。

 

スロットは運がすべてなので、

元手がない限り大きく勝つのは難しいし、

ある程度資金が出来てから稼ぐには良いと思いますが、

最初にプレイするのは厳しいと思います。

 

残りのミニバカラ・ルーレット・ブラックジャックですが、

ルーレットは、アメリカンタイプのため、
(0と00があるタイプのルーレットのこと)

赤・黒のどちらかではなく、

0か00があるので勝率は50%ではないんです。

赤か黒かで賭けた場合でも、17÷36=47.2%となります。

%からすれば僅かと思う差でも、

実はこの控除率の差が大きな分かれ目となります。

 

ミニバカラの場合も勝ち・負け・タイの3つから選ぶため、

勝率は50%を下回ります。

通常は、バンカーかプレイヤーかのどちらかになりますが、

それでもタイの可能性を考慮すると確率は50%以下になります。

 

ではブラックジャックはどうか?というと、

通常でプレイすれば勝率は49%なのですが、

このアメーバピグに関しては確率を甘めに作っているようです。

そして、これはブラックジャックの特徴なんですが、

ディーラーと1対1で勝負するよりも、

1テーブルに複数で座ってプレイした方が勝率が高くなるんです。

 

なぜなら、オープンにされるカードの枚数が増えるので、

次のカードが予想しやすくなるためです。

 

アメーバピグでは、最大で5人が1テーブルでプレイ出来るので、

5番目に座れば、15枚(プレイヤー14枚+ディーラー1枚)

カードを見ることが出来るため、

カウンティングを使えば勝率が50%を超えることもあります。

 

カウンティングの記事はコチラ

 

そのため、最初手持ちの少ない状態でC$を増やすなら、

ブラックジャックを選んでプレイするのが

一番良いと言えるでしょう。

 

そして、プレイするなら、1人じゃなくて、

何人かがプレイしているテーブルなら尚更良いです。

 

基本を身につければ、ブラックジャックは

とても勝率の高いゲームということが分かると思いますよ。

ブラックジャックの基本ルールはコチラ

 

 

ブラックジャックで稼ぐための戦略【ダランベール法】

ダランベール法は別名でピラミッド法とも呼ばれています。

 

ブラックジャック・ルーレットやバカラなどの勝率が50%、

配当が2倍以上のゲームに有効です。

 

この戦略は、名前からも分かる通り(ピラミッド法)

連勝・連敗することを前提として戦略です。

 

賭け方は非常に簡単で、

・勝った時

賭け金を1減らします。

・負けたとき

賭け金を1増やします。

 
とても簡単に実践でき、

多くのプレイヤーが利用している戦略の1つです。

 

勝ち負けが交互に続く場合は儲かりませんが、

(勝敗が交互になることはまれで実際は勝敗が偏ります)

そうした展開の時に、この戦略が効果を発揮します。

 

負け続けても大負けすることはありませんが、

勝ち続けても大勝することはないので、

とても堅実な戦略だと言えます。

 

賭け金を$1と仮定して説明すると、

 

<ダランベール法のイメージ>

回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 1 2 3 4 5 4 3
勝敗 負け 負け 負け 負け 勝ち 勝ち 勝ち
収支 -1 -3 -6 -10 -5 -1 +2

 

3勝4敗ですが、最終的には

収支がプラスになっているのが分かりますね♪

 

2回連続で負けた場合は、

こちらの戦略に切り替えて対応するのも手ですね。

 

Pages: Prev 1 2 3 4 5 Next