ブラックジャックで稼ぐための戦略【2in1法】

その名前からも分かるように、

2回の負けを1回で取り戻すことから、

そう呼ばれています。

 

ブラックジャック・ルーレットやバカラなどの勝率が50%、

配当が2倍以上のゲームに有効です。

 

この戦略は、勝率が悪く、たとえ負け越したとしても

収支はプラスとなることが多いのが特徴です。

 

最初の負けを1回で取り戻すのではなく、

数回の勝ち負けで取り戻す戦略です。

 

こちらも少々慣れるまで分かりづらいため、

紙に書いた方が良いでしょう。

 

賭け金を$1と仮定して説明すると、

 

・1回目

$1を賭けますので(1)と書きます。

負けた場合は、(1)に負けた金額である1を
 
加えますので(1、1)となります。

 

・2回目

次に賭ける時は、右端と左端を足した金額を賭けます。

(1、1)なので、$2を賭けます。

 

・3回目

次も負けた場合は、賭けた金額の$2を

数列に加えるので(1、1、2)となりますね。

 

そして、次に賭けるのは、1+2で”3”ですね。

 

・4回目(負けた場合

負けた場合は、数列に加えますので(1、1、2、3)となります。

この場合、次に賭けるのは、1+3=”4”になります。

 

・4回目(勝った場合)

逆に勝った場合は、右端と左端の数字を消します。

つまり、(1、1,2)の時に、3で勝負して勝ったので、

右端の1と左端の2が消えて、(1)になります。

そして()内の残りは、$1を賭けます。

 

最終的に()内の数jが消えれば終了です。

 

この時点で利益が発生しているはずです。

 

7回勝負して、負け越した場合

回数 数列(賭ける前) 勝敗 賭け金 収支 数列(勝敗後)
1回目 1 負け 1 -1 1・1
2回目 1・1 負け 2 -3 1・1・2
3回目 1・1・2 勝ち 3 0 1
4回目 1・1 負け 1 -1 1・1
5回目 1・2 負け 3 -4 1・2・3
6回目 1・2・3 勝ち 4 0 2
7回目 2 勝ち 2 +2 なし

 

3勝4敗で勝率は50%を切っておりますが、

最終的には+のため、

出だしで負けた時は、この戦略に切り替えれば、

負け越しても収益を出せることになります♪

 

 

他の戦略が気になる方は、ブラックジャックの戦略【ダランベール法】のページに進む

ブラックジャックで稼ぐための戦略【グッドマン法】

グッドマン法は、その賭け方から1235法とも呼ばれます。

 

ブラックジャック・ルーレットやバカラなどの勝率が50%、

配当が2倍以上のゲームに有効です。

 

この戦略は、非常に堅実な方法です。

 

負けが多かったとしても大負けすることはありません。

ただし、勝った時も大勝はしないのが特徴です。

 

方法は非常に簡単で、1・2・3・5・・・・・・・・・・
(ここから先は、負けるまでずっと5です)

と賭けていきます。

 

負けと勝ちを1セットとします。

例:2勝1敗・3勝1敗・4勝1敗など

 

連勝しても負けた時点で、そのターンは終了と考えます。

そのため次からは、1にまた戻ります。

 

この戦略は、連勝時に負けたとしても、

1セットで負けたときの損失が少ないため

リスクが少なく済みます。
 

例えば、4連勝以上した後に負け続けたとしても、

損失が少ないため、負けづらい守りの戦略とも言えますね。

 

また、手持ちの資金が限られている時などの

資金マネージメントとして使用するのも有効だと思います。

 

勝ち越している場合

回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 1 2 3 5 5 5 1
勝敗 勝ち  勝ち  勝ち  勝ち  勝ち  負け  勝ち
収支 +1 +3 +6 +11 +16 +11 +12

明らかに勝ち越していても増え方が緩やかなのが分かりますね。

負け越している場合

回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目
賭け金 1 2 1 1 1 2 1
勝敗 勝ち 負け 負け 負け 勝ち 負け 負け
収支 +1 -1 -2 -3 -2 -4 -5

逆に、負けが続いても大負けはしません。

 

何気にこの戦略が一番相性がいいんじゃないのかな?

と個人的には感じています。

 

とても堅実な戦略ですので、大勝は出来ませんが、

コツコツとやる人にはとても良い戦略だと思いますよ!

 

この方法を試すならこちらのカジノがおすすめです。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

カンニングペーパーで勝率が上がるギャンブルって何?

 

ブラックジャックは1ゲーム早ければ15秒程度で終わるので、

10分で$20~30稼ぐことも可能です。

 

他の戦略が気になる方は、ブラックジャックの戦略【2in1法】のページに進む

ブラックジャックで稼ぐための戦略【10パーセント法】

名前に10%と書いてある通り、

常に資金の10%をベッドしていく戦略です。

 

ブラックジャック・ルーレットやバカラなど、勝率が50%で

配当が2倍以上のゲームに有効です。

 

特徴としては、勝ち続けるほどに賭け金と配当が上がっていきます。

また、負け続けても資金の減少が緩やかになるのが特徴です。

 

こちらは戦略というよりも、

資金マネージメントの1つ

と捉えた方が良いかと思います。

 

この戦略は、勝ち続ければ、大きく稼ぐことができますが、

最初に負けが続くと、取り返すのに時間がかかるため、

短期決戦には向いていない戦略と言えます。

 

この戦略において肝心なのは、

目標を設定してあまり欲張らずに

利益以上を超えた場合(逆にマイナスの場合も同じ)

は止めることです。

 

たしかに、波に乗った時の爆発力はもの凄いです。

 

一気に手持ち資金が増えていきますので、

止め時を逃してしまうのも大いに納得できます。

 

負けが続いた場合

回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
資金 $100 $110 $121 $109 $99 $89 $80 $72 $79 $87
賭け金 $10 $11 $12 $10 $10 $9 $8 $7 $8 $9
勝敗 勝ち 勝ち 負け 負け 負け 負け 負け 勝ち 勝ち 勝ち
収支 +10 +21 +9 -1 -11 -20 -28 -21 -13 -3

 

負けが続いたとしても、大きく負けることがないのが分かりますね。

 

勝ちが続いた場合

回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
資金 $100 $110 $99 $89 $80 $88 $79 $87 $96 $106
賭け金 $10 $11 $10 $9 $8 $9 $8 $9 $10 $10
勝敗 勝ち 負け 負け 負け 勝ち 負け 勝ち 勝ち 勝ち 勝ち
収支 +10 -1 -11 -20 -12 -21 -13 -4 +6 16

 

逆にこちらは、勝が続いた場合です。

最初の負けを取り戻すのに少々時間はかかりますが、

確実に収支が+になっているのが分かりますね。

 

私個人的には、ブラックジャックのベーシックストラテジー

と組み合わせるのがお気に入りの戦略です♪

 

 

他の戦略が気になる方は、ブラックジャックの戦略【グッドマン法】のページに進む

ブラックジャックで稼ぐための戦略【ウィナーズ投資法】

こちらは、yahooオークションなどでも

有料で販売されていた経緯もある 有名な戦略です。

 

ブラックジャック・ルーレットやバカラなど、

勝率が50%で配当が2倍以上のものに有効な戦略です。

 

ウィナーズ投資法は様々なギャンブルで使われてれており、

主な方法は、賭け金を数列にして、左側の2倍の金額を賭けていきます。

 

基本的に、負けた場合は、どこかで倍掛けして取り戻す戦略です。

 

これは頭で理解するよりも、

初めは 紙に書き出して行うと実践しやすいと思います。

 

賭け金を$1と仮定して説明すると、

 

最初に$1賭けます。

負けた場合は、負けた金額を書きます

(1)こんな感じですね。

 

次も$1を賭けます。

負けたら、今度は数列に1を加えます。

つまり(1,1)になるわけですね。

 

ここから先は、一番左の数字の2倍を賭けていきます。

一番左は(1,1)ですので、つまり$2を賭けます。

 

ここでも負けた場合、賭けた金額を書きます。

(1,1,2)という具合になりますね。

 

そして、次も2賭けます。

 

この場合も負けたら数列に加えていきます。

(1,1,2,2)先ほどに2を足した数列になります。

 

こうしたサイクルを続けていくわけですが、

勝った場合は、 追加せずに一番左の数字を1つ消します。

 

1,1,2,2)ここを消します。

残りは(2,2,2)になります。

 

そして、次は、4を賭けます。

勝てば 2が消えて(2、2)となります。

以上のような流れです。

 

勝ち負けを50%ずつで終えた状態を1セットとして考える方法ですが、

イーブンで終えた時に必ず勝てるのが特徴です。

 

つまり、50%の勝ちでプラスを狙える戦略法なのです。

 

<ウィナーズ投資法のイメージ>

回数 1回目 2回目 3回目 4回目 5回目 6回目 7回目 8回目 9回目 10回目
賭け金 $1 $1 $2 $2 $2 $2 $2 $4 $4 $4
勝敗 負け 負け 負け 勝ち 負け 負け 勝ち 勝ち 勝ち 勝ち
収支 -1 -2 -4 -2 -4 -6 -4 0 +4 +8

 

この戦略はかなり賭け方が特殊ですので、

最初は紙に書きだして実践するのがおすすめです。

 

慣れるとかなり有効な戦略となりますので、

他の戦略や自身の資金の状況に応じて使い分けていけば、

面白いと思いますよ。

 

他の戦略が気になる方は、ブラックジャックの戦略【10パーセント法】のページに進む

ブラックジャックで稼ぐための戦略【カウンティング】

ブラックジャックの映画でも題材になったのが

”カウンティング”と呼ばれるテクニックです。

 

映画「レインマン」や「ラスベガスをぶっつぶせ」

をご覧になった方もいると思いますが、

これらの映画は、カウンティングと呼ばれるテクニックを使い

カジノでぼろ儲けするという話です。

 

映画「ラスベガスをぶっつぶせ」

 

ですが、これはあくまで映画で、実際に可能なの?

と疑問に感じたかと思いますが(私もその一人です)

それでも実際にやってみたくなった方は多いのではないでしょうか?

 

ただし、カウンティングを実践するには、

相当なスキルが必要なのは言うまでもありませんが、

なかなか簡単に習得できるものではありません。

 

映画の中でも主人公が

長い時間をかけて習得する様が描かれています。

 

では、実際に習得した場合、カジノへ行くわけですが、

現在日本に、ランドカジノはありません。

 

ですが、日本にいても現金を賭けて

ブラックジャックをプレイすることは可能です。

 

それがオンラインカジノです。

 

と、その前に、カウンティングについてよく分からない人も

いると思いますので、簡単に説明しますと、

 

・カウンティングとは?

 

テーブルに出てきたカードに点数をつけ、

それをカウントしていくことをカウンティングと言います。

????

ちょっとわかりにくいかと思いますので、

 

例を出して説明していきますね。

 

トランプを数に応じて、グループ分けします。

「A・K・Q・J・10」= “-1点”
               「7~9」  =   ” 0点”
               「2~6」  = “+1点”

 

そして、テーブルに出ている(出てくる)カードの

合計点を算出していきます。

 

この合計点がプラスならプレイヤーが有利、

逆にマイナスだった場合は、ディーラー有利と考えます。

 

なので、プラスの際に勝負に出て、

マイナスの際には勝負を控える、ということになります。

 

しかし、このカウンティングがオンラインでは

通用しない場合が多いんですね。

 

それは、オンラインカジノでは不定期にカードが

チェンジ・シャッフルされることがあるからです。

 

そのため、コンピューターではなく人間である

実際のカジノ、もしくはオンラインカジノでのライブディーラーによる

ブラックジャックでの実践をおすすめしています!!

 

ただブラックジャックでは、

他にも様々な基本的戦略や攻略法が多々ありますので、

オンラインカジノでの応用を考えている人は、

カウンティングではない方法をおすすめします。

 

カウンティングは習得するのに、

かなり時間と労力を必要としますので。

 

まずはブラックジャックを覚えたい!

そんな方はコチラからワイルドジャングルのブラックジャックへ

アクセスしてみてくださいね!

ブラックジャックでディーラーを手玉に取る絶対的戦略

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

他の戦略が気になる方は、ブラックジャックの戦略【ウィナーズ投資法】のページに進む

Pages: Prev 1 2 3 4 5 Next