ワイルドジャングルカジノの初回入金ボーナス

ワイルドジャングルカジノでは、

初回入金100%ボーナスという

太っ腹なプロモーションを開催しています。

 

・入金額別のボーナス


ただし、これらのボーナスを引き出すには、

以下の条件をクリアする必要があります。

 

・金額の条件

入金した金額とボーナス額を足した金額の18倍を

プレイで使用する必要があります。

例えば、$200入金した場合だと、

($200+$200)×18 = $7,200を使用。

 

・禁止ゲーム

そして、プレイするゲームには制約があり、

以下のゲームは禁止ゲームとなっています。

禁止ゲーム
ライブを含むすべての(ルーレット・バカラ・シックボ)
クラップス・ブラックジャック(スイッチ・サレンダー)

 

これらのゲームをプレイすると、

ボーナス及び稼いだ賞金、コンプポイントは

すべて没収されます!!

 

・除外ゲーム

これらのゲームは、禁止ではありませんが、

プレイしてもベットしたと判断されません。

除外ゲーム
ビデオポーカー・スロットのダブルアップやギャンブル

 

つまり、いくらプレイに金額を使ったとしても、

ボーナスを引き出すことは出来ません。

 

・対象が50%のゲーム

これらは、対象とはなりますが、

50%としてしかカウントされません。

対象が50%ゲーム
ポンツーン・カジノウォー・すべてのブラックジャック

 

つまり、36倍の金額を使う必要があります。

$200を入金したとして、

($200+$200)×36 = $14,400です。

制約があるのは、やはりカジノ側から見て不利なゲーム、

つまり、プレイヤーにとって稼ぎやすいゲーム

と言う事が言えます。

 

ブラックジャックは、禁止対象となるものが2つ

50%としてカウントされるものが残りすべてとなるため、

もしもブラックジャックのみで稼ぎたいと考えいてる方は、

ボーナスを辞退するのも手です。

 

なぜなら、ボーナスを始め入金したお金を引き出すには、

18倍ルールを(ブラックジャックのみなら36倍)クリアしない限り、

引き出すことが出来ないからです。

 

ちなみに、条件をクリアしていない状態で引き出すと、

ボーナス及び獲得した賞金、コンプポイントすべてを没収されます。

 

引き出しに成功しようがしなくても、

引き出しを選択した時点で、没収されますので、

くれぐれもご注意ください。

 

ちなみに自分が今いくらプレイしているかは、

チャットやサポートメールに問い合わせれば教えてくれます。

 

・ボーナスを辞退するには?

初回ボーナスは、ルーレットやバカラが好きな人には、

苦しい制約でしかないため、おすすめしません。

 

そういう方は、入金する前・または入金直後に

チャットやサポートメールでボーナス不要の旨を伝えると、

ボーナスを辞退することが出来ます。

 

プレイでお金を使っていないことが条件です。

 

ワイルドジャングルカジノの入金【NETeller】

NETellerについて簡単に説明すると、

イギリスに本部を置き、世界180国以上に口座を持つ、

イギリスと世界各国の口座間で入出金を行う決済会社です。

 

なぜなら、ワイルドジャングルカジノは、

キュラソーに本部があるため、日本から送金するには

ネットラーのような橋渡し役が必要となります。

 

他にもネッテラー同様の決済会社はありますが、

オンラインカジノ決済で最も頻繁に、

最も多くのプレイヤーから使用されています。
 

ではこのNeteller、どんなメリットがあるのか?というと、
 

NETellerのメリット

 

1:誰でも開設できる
2:対応サイトが多い
3:海外資金移動媒体として使える
4:安全性・プライバシー性が高い

 

ただし、このネッテラーにも1つ難点があります。

 

それは、セキュリティ面が高くプライバシー性が保護されている反面、

口座申請から承認までに2~3日の時間を要するということです。

 

口座を承認してもらうには、

本人確認書類(免許証、パスポートなど)

の提出が必要なので、少々手間がかかります。

 

ただ、そうは言っても私が開設した当時(2012年初頭)は、

以下を提出・確認が義務付けられていました。

1:本人確認書類
(パスポートor免許証など)
2:公共料金の支払明細書
(住所の証明をするため)
3:電話による本人確認
(ネッテラー側から掛かってきて、2~3質問されます)

 

初めての方にとっては、面倒なことに変わりありませんが、

ネットラー口座を持っているメリットを考えた場合、

開設していて得することはあっても、

損することは決してありません。

 

ネッテラーで口座を開設するためには、

ワイルドジャングルのこのページでここをクリックします。

ここでは、Eメールアドレスと住まいの国と通貨を選択します。

Eメールはgmailで登録することをおススメします。

*Yahooメール Hotmailメールの場合、
 
メールが届かない可能性がありますので、ご注意ください。
 

通貨は必ずUSDを選択しましょう!!

 
ゲーミングサイトやブックメーカーは、

基本的にUSDでプレイするため、異なる通貨を選択した場合、

毎回為替手数料がかかり非常にロスが多くなってしまいます。
 

すべて入力したら「続行」をクリックして次へ

 

ここでも必要事項を記入していきます。
 
以下サンプルで記入していますので、

入力は、実際にお住いの住所や氏名を記入しましょう!

実際の銀行で口座を開設するのと同じことですので、

虚無の記載をしないようにしましょう。

 

そして、秘密の質問は、必ず書き留めておきましょう。

 

ログイン時に、数か月に1度の割合ですが、本人確認のため、

別途windowが出てきて、入力する必要があるためです。

 

先ほどもいいましたが、

秘密の質問は、絶対に忘れないようにしてください。

 

不備なくすべて入力出来たら「続行」を押しましょう。

この画面までゆけば、とりあえず口座開設です。

 

入力したメールアドレスにメールが送信され

アカウント情報が記載されていますので、チェックしてみてください。

 

 

ワイルドジャングルカジノの入金【Webanq】

ワイルドジャングルカジノでは、

複数の方法で入金することが出来ます。

 

入金するには、キャッシャーをクリック

この画面で入金手段を選択します。

 

おすすめの入金手段

1:Webanq

2:NETeller

 

初めて耳にする方もいるかもしれませんが、

1・2は共に電子決済会社で、

オンライン上で決済が出来るため非常に便利です。

 

すでにNETeller口座をお持ちの方は、

Webanqを開設する必要はありません。

 

もしも両方ともまだの場合は、

開設の手間と時間を考えると

Webanqを開設することをおすすめします。

 

Webanqのメリット

1:開設が非常に簡単(書類提出などは不要)
2:完全日本語対応
3:カジノへ入金が反映されるのが早い
4:ネット銀行からなら24時間入金可能

 

Webanqの開設方法はとてもシンプルで

2分ほどで終わりますので、非常に手軽です♪

 

・Webanqのアカウント開設

 
まずは、ここをクリックしてアカウントを作成します。

 

必要事項を記入していきます。

すべて半角英数字で入力しましょう!

ちなみに日本語で入力した場合、

エラーメッセージが表示され次に進めません。

 

入力がすべて終わったら、

同意書に目を通し、☑を入れて登録するをクリック

 

すると、入力したメールアドレスに宛に

PINコードが届きますので確認しましょう。

 

1~2分して届いていない場合、

迷惑メールに振り分けられている可能性があります。

 

経験からして、Yahooメールや Hotmailメールは

その傾向が強いです。

 

その後、メールの中にあるURLをクリックし、

メールアドレスとPINコードを入力します。

 

PINコードは直接打ち込みのではなく、

数字をクリックして入力します。

 

ログインをすれば開設出来ます。

あとは、Webanqへ入金です。

 

・Webanqへの入金方法
 

ここをクリックすると、

ジャパンネット銀行の口座情報と

楽天銀行の口座情報が記載されていますので、

そこに振り込めば完了です。

 

銀行が営業している時間内であれば、

早ければ開設から入金まで、30分程度で終わるため、

この方法で入金するのが最も簡単で、早く済みます。

 

もしもネット銀行をお持ちでない方は、

コンビニ・ATMからでも振り込むことが出来ますが、

入出金のたびに出かけるのは面倒なため、

ネット銀行の開設もした方が良いでしょう。

 

私はe-bank時代に開設していたので、

こちらを利用しています。

 

・ワイルドジャングルカジノへ入金
 

Webanqへの入金が完了したら、

次はワイルドジャングルカジノへ入金です。

 

まずは、Webanqのアカウント作成時と同様に、

キャッシャーボタンをクリックします。

 

Webanqは最初にデフォルトで選択されていますので、

必要事項を入力していきます。

 

すべて入力し終えたら、入金ボタンをクリック。

 

これで入金完了です!

 

そして、今ワイルドジャングルカジノでは、

初回入金100%ボーナス($300まで)を開催中です!!

ボーナスの獲得額は、入金額に応じて異なります。

 

ただし、ボーナスには引き出すためには、

ある条件をクリアしなくてはなりません・・・

 

その条件とは・・・
 
ワイルドジャングルカジノの初回ボーナスの記事に進む

ワイルドジャングルカジノのゲーム【プログレッシブブラックジャック】

このゲームは、通常のブラックジャックにはない

”ジャックポット”というものが存在します。

 

・ジャックポットとは?

賞金積立式のゲームのことで、

世界中のプレイヤーがプレイに使用した金額が

積み立てられていきます。

 

このゲームでは、ベッド額の3%が

ジャックポットとして積み上げられていきます。
 

現時点のジャックポットは、$56,295.51です。

ジャックポットの金額は、始める前から分かりますので、

プレイの目安にすると良いと思います。

 
ジャックポットを獲得するためには、

通常のベッド以外に、サイドベッドに

賭ける必要があります。

 

こちらにお金を投入することで賭けられます。

イメージはスロットを投入するような感じです。

 

ちなみに、ジャックポット以外にも

以下のカードがそろった場合、配当が貰えます。

 

カードの合計 配当
4 同種類エース ジャックポット
3 同種類エース 5000倍
4 エース 2500倍
3 エース 250倍
2 同種類エース 100倍
2 エース 50倍
1 エース 5倍

 

ただし、これはあくまで1枚目に配られたカードが

Aであることがすべての配当の対象となります。

 

つまり、2枚目にAが来ても、5倍の配当がもらえません。

決して、2枚のうち1枚がAであれば良い

と言うわけではありませんのでご注意ください。

 

この点は、覚えておいた方が良いでしょう。

 

このブラックジャックの旨味は、ジャックポットがあることですが、

通常ベッドで稼ぎながら、サイドベッド分を投資するような

イメージでプレイした方が良いでしょう。

 

通常ベッド額とサイドベッドが同じ金額の場合、

ゲームで勝っても、サイドベッド分の補填が出来ないため、

資金マネージメントはしっかりと行いましょう。

 

個人的には、通常のブラックジャックの方が好きなので、

あまりプレイすることはありませんが、

一攫千金を狙う方にはおすすめのブラックジャックです。

 

ちなみに結果は・・・・

・・・・負けました。

しかも相手はブラックジャックでした。

 

負けるべくして負けたような試合でした^^;

 

ワイルドジャングルカジノゲーム【21決闘ブラックジャック】

*2012年11月現在、こちらのゲームは利用できません。

一応、軽くどんな内容のゲームかを説明します。

 

このゲームは、通常のブラックジャックに慣れた方でも、

ルールを読んで実際にプレイしてみないと

分からないと思います。

 

まずは、このゲームが通常のブラックジャックと

異なる点を説明すると、

 

1:ベットの方法

このゲームは、アンティ(参加料)をまず払い、

それと同額をベッドしなくてはいけません。

アンティは、必ず払いますので、通常のブラックジャックと比べて

2倍の金額が必要となります。

 

2:プレイ方法

通常のプレイヤー、ディーラー共に配られる2枚のカード以外に、

更に中央に2枚の共有カードがオープンの状態で配られます。

ただし、プレイヤーのカードは、1枚のみオープン、

ディーラーのカードは、ともにクローズしています。

 

①勝負を選択する場合

プレイヤーは、手持ちのカードから1枚、

共有カードからも1枚選びます。

 

ここで注意が必要ですが、共有カードを選択した時点で、

追加ベット(アンティと同額)がかかります。

 
手持ちの1枚と共有カードの合計数を見て、

どうするのかを選択します。

 

②勝負を降りる場合

また、共有カードを選ばずに、勝負を降りることもできます。

 
ただし、アンティも同時に没収されますので、

この点には、ご注意ください。
 

ポーカーのテキサスホールダムのように、

勝負をする・しないを最初に選べるため、

勝てる勝負だけに絞ることで勝率は高くなります。

 

ただし、アンティは毎回必要となるため、

短期決戦以外は、参加貧乏になる可能性があります!

 

①の続きですが、

ヒットの場合は、オープンしていない

手持ちの2枚目のカードを利用します。

 

スタンドの場合は、伏せてある自分のカードを捨て、

現在開かれている手持ちの2枚で勝負します。

 

3:ディーラーのカードの選択

ディーラーの場合もプレイヤーと同じく、

手持ちの2枚のカードのうち1枚をオープンし、

プレイヤーが選択しなかったカードを選択します。

 

また、21決闘ブラックジャックには、

以下のディーラールールというものが存在します。

 

・ディーラールールとは?

ルールの内容
ディーラーの合計が12以上でプレイヤーの合計よりも高い場合、
プレイヤーは両方のベッドを失います。
プレイヤーの合計がディーラーのディーラーの合計よりも高い場合、
両方のベッドに対して1:1でプレイヤーの勝利となります。
ディーラーは、カードの合計が13よりも低い場合、勝負を続行できません。
プレイヤーの合計がディーラーよりも低い場合でも、
自分のアンティベッドに対して1:1の配当で勝利となります。
合計が同点の場合は引き分けで、プレイヤーのベッドは戻されます。

 

21決闘ブラックジャックの決め手は、

共有カードにあると言えます。

 

なぜなら、ディーラーは自分が選ばなかった

共有カードで数字を作るため、

共有カードの選択は、自分自身を有利にするだけではなく、

ディーラーの手を有利にする可能性もあるからです。

 

そのため、選択する際は、お互いの合計点を予想しながら

共有カードを選択するようにしましょう!

 

慣れるまで少々混乱しますが、

非常に戦略性の高いゲームだと言えます。

 

稼げる稼げないは別にして、

個人的に好きなゲームの1つです♪

 

その他のブラックジャックが気になる方は、

プログレッシブ・ブラックジャックのページに進む

Pages: 1 2 3 4 Next